1/18

銀繕いのある印判唐子竹文碗 d8.4cm Gintsugi Repaired Inban Blue and White Cup, Printed Design of Karako Boys in Bamboos 19th-20th C

¥2,000 tax included

the last one

*Earliest delivery date is 2/2(Thu) (may require more days depending on delivery address).

Shipping fee is not included. More information.

濃紺はベロ藍と呼ばれる、ヨーロッパから輸入された化学顔料で、日本では明治に入ってから用いられ始めました。
ブルーの唐草文でぎっしりと埋め尽くされた器面には、6つの白抜きの窓が設けられ、唐子たちと竹の図を交互に配しています。
口縁内側にめぐらされている連続模様は瓔珞文です。

口縁に小さな欠けが生じ、銀繕いされています。
濃いベロ藍と調和した繕いです。

状態:口縁にホツを銀繕い。
口径 8.4cm
高さ 6.7cm
容量 約195ml
重さ 約149g

磁器
日本
明治時代 19~20世紀

A charming inban blue and white porcelain cup, with printed design of karako boys in bamboos.

Porcelain
Japan
Meiji. 19th C

Condition : A gintsugi repaired chip on the rim.
d8.4cm 
h6.7cm

We ship worldwide. Please contact us for overseas shipping.
(We might be able to offer better shipping charge.)

Add to Like via app
  • Reviews

    (2)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥2,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品